サイトメニュー

症状別の施術方法

エステティシャン

症状によって適切な施術を

目が一重や奥二重なので、二重にしたいと言う場合、必ずしも切開しないと二重にならないと言うわけではありません。銀座の美容外科では、全切開法もありますが部分切開法や埋没法など複数の二重整形術を受けることができます。まぶたを切開しなくても良い埋没法はとても人気があり、糸で2箇所くらいを固定して二重を作ることができます。分厚いまぶたの場合は埋没法では難しいのでまぶたを切開して余分な脂肪や皮膚と取り除いて、まぶたをすっきりさせた方が良いです。そうすれば、綺麗な二重を作ることができます。エラが目立つので、骨を削らないと小顔になれないのかと言うと決してそう言うことはありません。もちろん、余分な骨を削ってエラを小さくする方法も銀座の美容外科で行われています。骨を削ると言っても口の中にメスを入れるので傷跡が治るのも早いですし、傷跡が目立ちません。ボトックス注射をエラに注射すれば、これだけで発達した筋肉を小さくすることができるので、エラを目立たなくすることができます。

銀座の美容外科では、さまざまな患者の美に関する悩みを解決してくれるので、気になることがあれば遠慮なく相談してください。カウンセリングを無料で受けることができますから、相談するだけであれば気軽に利用することができます。最近ではメスを使う施術だけではなく、メスを使わなくても十分な効果が得られる治療法を銀座の美容外科で取り入れています。メスを使うとダウンタイムが長引いてしまうために体への負担が大きくなりますし、金額的な負担も大きくなりがちです。しかし、糸を使った埋没法で二重にしたり、ボトックス注射やヒアルロン酸注射などで手軽に美容整形すれば、さまざまな負担を軽くすることができます。最近ではボトックス注射はいろいろな治療に使われていることもあって、注目されています。肌を美しくしたり、美白にするために注射を使うことも多いですが、美容点滴を手軽に行う人が多くなりました。定期的に注射や点滴を打つことで、美肌を保つことができたり色白肌をキープできます。これらは料金も安いので、手軽に受けることができます。

Copyright© 2019 美容整形する時の選び方と注目されている理由を明らかにする All Rights Reserved.